平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、医師・保健師などによるストレスチェックと医師による面接指導の実施等を義務づける制度「ストレスチェック制度」が平成27年12月1日に施行されました。

「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50 人以上いる事業所では、毎年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられます。

産業医を選任しなければならない事業所の規模は「常時50人以上の労働者を使用する事業所」と定められています。

当院では日本医師会の認定を受けた産業医が、統括管理・健康管理・作業管理・作業環境管理・労働衛生教育を通じて、労働者の健康障害を予防するだけでなく、心身の健康を保持増進することを目指した活動を行います。

生活習慣病とメンタルケアに特化した産業医が、経過観察から長期的なメンタルサポート、長期休業者に対するサポートを提供している当院にぜひご用命ください。