平成28年10月1日からB型肝炎予防接種が定期予防接種(予防接種法に基づく予防接種)となり無料で受けられるようになりました。

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染で生じる、急性肝炎と慢性肝炎があります。感染経路は、水平感染と母子感染(垂直感染)です。慢性肝炎を発症した場合、後に肝硬変・肝細胞癌へ進行することもあります。
0歳の時期に接種をして予防に心がけることが大切です。

■接種回数と標準接種年齢
 ・B型肝炎ワクチンは3回接種です。
 ・生後2か月に至った時から生後9か月に至るまでを標準接種年齢とし、27日以上の間隔をおいて
  2回接種後、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種。

■対象となるかた
 ・平成28年4月1日以降に生まれた生後1歳(1歳の誕生日の前日)に至るまでのかた
 ・HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与を受けた
  ことがある人は対象外となります。
  任意接種として10月1日より前にB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがある人で、残りの回を
  10月1日以降の1歳になるまでに接種する場合も残りの回は対象となります。

■予防接種の費用
 ・送付された予防接種予診票を使用し、法定接種年齢(1歳の誕生日の前日まで)の期間内に接種
  をしたときは無料です。ただし、決められた医療機関以外で接種したり、法定接種年齢を外れて
  接種をしたときは有料になります。

4月生まれで、まだ1回も接種していないかたは期間が短いので注意が必要です。
平成28年4月1日生まれのかたが、平成29年3月31日までに3回接種するためには、1回目を11月11日までに接種する必要があります。それをこえた場合は、3回目は任意接種になりますので、なるべく1回目を早めに接種しお子さんの状況にあわせゆとりを持って接種できるようにすることをお勧めいたします。