目黒区・都立大学駅より徒歩1分の内科・女性外来・糖尿病・健康診断クリニック

総合内科

  • HOME »
  • 総合内科

総合内科とは、生活習慣病やかぜなど日常生活に深いかかわりのある疾患を診察しています。

内科全般の診療に携わっていますが、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病を始め、喘息などの呼吸器疾患、女性に多い橋本病・バセドウ病などの甲状腺疾患、胃潰瘍、慢性胃炎といったよくある病気全般に対して、標準的な診療を行います。
各種臓器に検査で異常を認めなくても、体調不良や様々な症状に悩んでいられる方が病気として治療を要する状態にあるのかどうかを総合的に判断し、解決していきたいと思っています。
また、男性医師には相談しにくい女性の月経前に様々な不調が現れる月経前症候群や更年期障害などに対して、漢方処方も行っております。

総合内科で治療を行っている主な疾患の特徴です。
● 高血圧
高血圧は自覚症状がほとんどありません。そのため定期的に血圧を測っていないと、高血圧を発見することは難しいのです。高血圧は放置すると、血管が硬くなる動脈硬化になったり、のちに虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中などの発作を起こす恐れがあります。家庭でも血圧を測る習慣を身につけましょう。「家庭血圧」は日頃の血圧レベルを知る手掛かりになります。いつでも同じ条件で朝と夜に測定します。測定時の姿勢は、原則として腰掛けて測定しましょう。正座やあぐらでもかまいませんが、いつも同じ姿勢で測定することが大切です。測定値に『一喜一憂』することなく測定してください。
● 高脂血症
日本人成人の3人に1人は高脂血症(脂質異常症)と言われます。食事の欧米化や交通機関の発達などによる運動不足などのライフスタイルの変化が大きく影響していると言われます。すなわち脂質異常症の定義は、血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が過剰な状態またはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態を言います、自覚症状がほとんどないため、その危険性に気付かないことが多く、気付いた時にはもう手遅れの場合もあります。脂質異常症の状態が続くと動脈硬化が進展していきます。そして動脈硬化によって血液の流れが滞ったり、血管がダメージを受けたり…最後には狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを発症します。長年の生活習慣を改善すべく、まず禁煙・食事療法と運動療法、適正体重を維持することを生活に取り入れることから始めましょう。まず血液検査を受けて、医師の指導のもとで治療を始めましょう。
● 甲状腺の病気
女性に多い病気です。成人女性の7人に1人程度見受けられます。自律神経失調症や更年期障害と間違えられる場合もあって、甲状腺の病気に気がついていない女性もかなりいると考えられています。甲状腺はからだの成長発育やエネルギー代謝に必要な甲状腺ホルモンを作っています。このホルモンが多すぎたり(機能亢進症)、足りなくなる(機能低下症)といろいろな症状が出てきます。
以下の症状の中にチェック項目が3つ以上あるなら一度受診してください。
図9  図10

下記のような疾患も診察しております。
・膀胱炎 ・腎盂炎 ・更年期障害 ・貧血 ・便秘 ・不眠症
・貧血 ・逆流性食道炎 ・頭痛 ・めまい ・心身症
図7

メール pripps68@gmail.com TEL 03-3725-3748 午前診療 9:00 ~ 13:00
午後診療 15:00 ~ 18:00
土曜診療 9:00 ~ 13:00
休診日:木曜・日曜・祝日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アイメディカルクリニック All Rights Reserved.