目黒区・都立大学駅より徒歩1分の内科・女性外来・糖尿病・健康診断クリニック

産業医Q&A

  • HOME »
  • 産業医Q&A

最近、企業の人事担当の方から「メンタル不調で休職している社員の復職の判断をしてほしい」というご依頼が増えております。
詳しくお話を聞くと、専任の産業医の先生はおられるようですが、その先生から「私はメンタルの専門家じゃないから」とか「主治医がいいって言っているし、本人も元気そうだから大丈夫じゃないか」といった不確実な回答が返ってきて、メンタル不調の社員の復職の可否に困って相談に来ました、という内容がほとんどです。

今までの産業医は、形なかりの契約でハンコをもらうために顔を見ていた、なんて状況も多かったようですが、近年では精神疾患や過労死が労災認定される時代になり、ストレスチェック制度も始まり、健康管理とメンタルヘルスが労務リスクマネジメントにおいて非常に重要であり、きちんと仕事のできる産業医の選任が必要となりました。

産業医の職務は法律によって以下のように定められています。
1,健康診断及び面接指導等の実施並びにこれらの結果に基づく労働者の健康を保持するための措置に関すること。
2,作業環境の維持管理に関すること。
3,作業の管理に関すること。
4,前3号に掲げるもののほか、労働者の健康管理に関すること。
5,健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること。
6,衛生教育に関すること。
7,労働者の健康障害の原因の調査及び再発防止のための措置に関すること。
また産業医は、少なくとも毎月1回は作業場等を巡視し、作業方法又は衛生状態に有害なおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならない、とされています。

この職場巡回に加えて、労働安全衛生法に書かれている医師の面談、
1,過重労働した者に対する医師面談
2,健康診断の事後措置としての医師面談
さらにはストレスチェック制度によるメンタル不調の社員の復職判断など、産業医に関わることは多岐にわたり、これらをきちんと管理できる産業医の選任がポイントとなります。

「定期健康診断の実施から結果を受けて健康リスクを抱えた社員の洗い出し」「ストレスチェックから、判断の難しいメンタル不調の社員の休職・復職判断など主治医とのやりとりでの相談相手」を可能とする産業医が望ましいと思います。

当院の医師は、生活習慣病とメンタルケアに特化した産業医として、経過観察から長期的なメンタルサポート、長期休業者に対するサポートを、さまざまな業種の企業様に行っております。中小企業様向けのプログラムもございます。

ご相談やお見積りなどお気軽にお問い合わせください。

メール pripps68@gmail.com TEL 03-3725-3748 午前診療 9:00 ~ 13:00
午後診療 15:00 ~ 18:00
土曜診療 9:00 ~ 13:00
休診日:木曜・日曜・祝日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アイメディカルクリニック All Rights Reserved.