今年もあと2ヶ月を切りました。年末に向かってお酒の席も増えていくことでしょう。ついついお酒が進んで、次の日には二日酔いで後悔したこともあるのではないでしょうか。

二日酔い対策ではウコンやシジミなどが有名だと思いますが、実はプラセンタがより効果を期待できることをご存知ですか。医療用のプラセンタは肝臓病の治療目的で、特に肝硬変の治療に有効であると厚生労働省が承認している医薬品なのです。

プラセンタには肝臓を強くして解毒する作用があるので、肝臓の細胞を修復する働きも、炎症をおさえることも可能なので、肝臓にとってプラセンタはとても心強い存在となっています。

お酒を飲む前にプラセンタを服用すれば、二日酔いの予防に効果が期待できますし、飲み過ぎた次の日にも効果が見込めます。

ドラッグストアやコンビニエンスストアで販売しているプラセンタはドリンクタイプやサプリメントですが、これらは即効性のあるものではなく、長期的に体質を改善していくものです。

そこで、当院で行っている「プラセンタ注射」がおすすめです。体内に直接プラセンタを注入できるので、ドリンクタイプやサプリメントのプラセンタよりもはるかに即効性が期待でき、二日酔い対策には最適です。もちろん即効性は期待できますが持続性はなく、もって2日ほどですが、二日酔い対策には十分ですね。

当院では自費であれば1A 1,350円、保険適用なら490円でプラセンタ注射を受けていただくことができます。

いつも悩まされている二日酔いから解放されてみませんか?

図7