最近、「麻しん(はしか)」の流行がニュースになっています。
東京や神奈川でも罹患者が出ています。

麻しんの症状は「発熱」「咳」「鼻水」など風邪のような症状が見られ、
発熱が2~4日間続き、発疹が出るのが特徴です。

倦怠感や咳・鼻水・くしゃみなどの上気道炎症状と結膜炎症状が現れ、次第に増強していきます。

お子様だけでなく大人も発症する疾患です。
また空気感染、飛沫感染、接触感染が感染経路となり、マスクを着用しても感染を防ぐことは
難しいほどの感染力の非常に強いウイルスです。

少しでも体調がおかしいな、と感じたら、早めに受診してください。